第56期 役員
「地域に感謝 仲間と集う奉仕の輪」
会長就任の挨拶 L秋山 龍作
 第56期犬山ライオンズクラブの会長をさせていただきます。皆さま宜しくお願いします。
 50周年という大きな節目も過ぎ、5年後の小さな節目55周年も無事終わりました。今こうしてあるのも、今まで犬山ライオンズクラブを築き支えてこられた数多くのメンバーのご尽力のおかげと感謝を申し上げます。そして、これからもウィサーブのもとこの活動を続けていくことは今ある我々の使命だと思います。
 クラブ活動を継続するにあたり、近年抱える一番の大きな問題は会員の減少です。これは犬山ライオンズクラブだけでなく、他のライオンズクラブ、ロータリークラブ、青年会議所も同じ問題を抱えています。我々のPR不足もあるかもしれませんが、ライオンズの奉仕活動や会員間の交流といったものなどなかなか認知・理解してもらえないのも現状です。継続事業を続けることはとても大事なことだと思います。しかし、ただ続けるだけではなく会員拡大にもつながるプラスアルファ的なものが何かあるといいかなと思います。会員の皆さんの英知を結集し皆でそのプラスアルファを考えていき、より多くの人に理解され認められるような活動・事業をしていきたいと思います。
 また、会員の減少により厳しい財政のなかで活動をしていかなければなりません。会員の皆さんにはご迷惑をお掛けすることになるかもしれませんが宜しくお願いします。
 56期のクラブスローガン「地域に感謝 仲間と集う奉仕の輪」は、半世紀以上にわたりこの地で活動してこれたことに対しての感謝と、そして活動をとおして理解を得た仲間を増やそうという願いを込めました。
幹事就任の挨拶 L大脇 伊智郎
 昨期は当クラブの結成55周年記念事業も会員が一丸となり大成功にて終え、新たなる56期のスタートの年に伝統格式ある犬山ライオンズクラブの幹事という大役を仰せつかりその責任の重大さを改めて痛感しております。犬山ライオンズクラブに入会して15年が経過、まだまだ経験不足で未熟な私ではありますが経験豊富で行動力のある秋山会長と温厚で責任感のある平手会計のご指導をいただきながら与えられた職務を果たすべく精一杯努力をし一生懸命務めさせていただく所存でございます。
 今期、秋山会長が掲げたスローガン「地域に感謝 仲間と集う奉仕の輪」のもとクラブ員が一丸となって集い地域に感謝し奉仕活動の輪を高めて地域社会のお手伝いができればと考えております。
 一年間何かとお世話になりますが、会員皆様方の一層のご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げまして幹事就任の挨拶とさせて頂きます。
会計就任の挨拶 L平手 久徳
 犬山ライオンズクラブに入会させて頂いてから早いもので14年になります。2008年に会社(株式会社ヒラテ技研)の本社を犬山から名古屋に移転してからは、勤務地も犬山から名古屋に移したことに加え、国内事業及び海外取引を拡大しています。さらに、今年の4月から、中部大学の客員研究員に就任しました。したがって、例会や行事へ欠席させて頂く事が避けられなく(勿論、極力少なくするよう配慮しますが)クラブ会員の皆様にご迷惑をおかけすることもあるかと思います。
 このような状況にもかかわらず、経験豊富な秋山会長と大脇幹事の犬山ライオンズクラブを発展させていこうという熱意に感銘し伝統ある犬山ライオンズクラブの会計という大役をお引き受けする事に致しました。引き受けたからには、微力ですが一年間精一杯頑張って参りますので皆様のご支援ご協力の程お願いしまして就任の挨拶とさせて頂きます。
犬山ライオンズクラブ